お歳暮でよくあるトラブル

2009年7月 3日 17:30 | コメント(0) | トラックバック(0)

お歳暮を選ぶ時には十分に吟味しているつもりなのに、トラブルは意外に多くあるものです。
贈り主側に責任があるものや、本人には何の責任がなく配達する業者に責任があるものなどいろいろなケースがあります。
例えば自分が贈ったお歳暮と全く同じものが贈られてきたケース(トラブルというよりは気持ちの問題)、指定した日に相手先に着かなかった、予約していたのに百貨店側でミスがあって贈られなかった、などのケースです。
自分が送ったものと全く同じ商品がお歳暮として贈られたら驚くことでしょう。しかし、インターネットで喜ばれるお歳暮ランキングなどの情報や話題の商品参考にした場合には偶然にも重なってしまうことは考えられます。何年も続けて同じものが重なることはないでしょう。
また、お歳暮を指定日配達で予約したのに着かなかったケースは困ります。指定日配達をするということは、相手の方もその時間に合わせて家に居なければなりませんし、商品も直接受け取ってもらうような生ものなどのケースが多いからです。
しかし、このようなトラブルはよく聞きます。トラブル後の対応に注目しましょう。百貨店側の入力ミスによってもれてしまったケースもあります。この場合は百貨店は季節外れであっても極力同じ商品が届くように努力してくれる先がほとんどです。
しかし、どうしても不可能な場合は品物を変更して、遅れてしまったお詫びのお手紙を添えて相手に不快感を与えないように対応してくれます。

 

 ダイエットのリバウンド  ダイエットの食事  ダイエット本
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

お歳暮を止めるとき
お歳暮やお中元は贈り始めたらいつまで続ければよいのでしょう。止めても良いのか悩んでいる人も多いことでしょう。
お歳暮とお中元どちらかにできるか
お歳暮を贈っているところにはお中元も贈らなければならないと思っている方が多いようです。しかし、一年のお付き合いへの感謝の気持ちとしてお歳暮だけでも良いのです。
お歳暮と個人情報保護
お歳暮は個人的に親しくお付き合いしている人に贈るのは問題ありませんが、仕事関係でお世話になっている人に贈る場合には困るときがあります。
お歳暮を贈る 先方が喪中の場合
お歳暮を毎年贈っていると時には相手側に不幸があって贈っていいものかどうか悩んでしまうことがあります。相手側だけでなく贈る側が喪中の時にはどうしたら良いかと悩む人も多いといいます。
お歳暮の包装方法
お歳暮の予約をするときに必ず聞かれることがあります。それは簡易包装にするか否かということです。
人気があるお歳暮の品
お歳暮は毎年贈るものです。贈る品が決まっていれば問題ありませんが、決まっていない人は悩むところです。贈られてうれしいお歳暮品とはどんなものでしょうか。
喜ばれるお歳暮の品
お歳暮の時期が近づいてくると今年は何を贈ろうか悩むところです。贈られて喜ばれるお歳暮はどのようなものなのでしょうか。毎年人気の商品は決まっていて、食品、商品券、アルコールと続きます。
お歳暮を両親に贈る
お歳暮やお中元をご両親へ贈っている人はどのくらいいるのでしょうか。また、嫁ぎ先の実家にだけ贈っている人や、両家のご両親に贈っている方など様々でしょう。
お歳暮を友人に贈る
お友達なら相手の好みも知っていますし、自分がお勧めの商品を紹介するつもりで送ることも出来ます。
お歳暮を初めて贈る時
お歳暮を初めて贈るときはいろいろ悩んでしまいます。金額はどれくらいのものを選んだら良いのか、商品はどんなものが良いのか、いつ着くように贈れば良いのかなど、分からないことがたくさんあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/693

コメントする